自律神経と美容の関係

 

sleep_l

自律神経のバランスが崩れると、身体の各器官が正常に働かなくなるので、美容に対しても悪影響が生じてしまいます。

たとえば、血管の拡張と収縮は、交感神経と副交感神経を自動的に切り替えることによって行われているので、これらの神経のバランスが崩れると、血流も悪化しがちになります。

また、交感神経と副交感神経のバランスが崩れると、ホルモンを分泌する器官の働きも不安定になるので、ホルモンバランスも乱れがちになってしまいます。
血流の悪化やホルモンバランスの乱れは、新しい肌の生成や老廃物の排出に悪影響を及ぼし、肌の新陳代謝も遅くなってしまうので、シミやくすみ、肌荒れ、乾燥肌などが改善しにくくなります。
また、皮脂の分泌量は、ホルモンバランスの変化の影響を受けやすいので、皮脂が過剰になったり、逆に皮脂が減少したりして、乾燥肌や脂性肌になる可能性が高まります。

一方、腸は、交感神経と副交感神経がバランスよく働くことで規則的な蠕動運動をしているので、これらの神経のバランスが崩れると、腸の蠕動運動が不安定になり、下痢や便秘を起こしやすくなるなど、腸内環境の悪化につながります。
腸内環境が悪化すると、悪玉菌が活発に活動して身体に有害な毒素を盛んに生成し、細胞の活力を失わせるので、美容と健康に様々な悪影響が生じるようになります。

以上のことから、美しい肌を維持するには、交感神経・副交感神経のバランスを崩さないことが重要といえます。
これらの神経の働きは、ストレスや睡眠不足、食生活の乱れなどの影響を受けやすいので、肌トラブルが気になる方は、まずは自分の生活習慣を見直してみましょう。

 
ガリバーインターナショナルの車査定