入浴は40度のお湯に15分程でリラックス&血行促進

 

 

人間が快適で健康的な生活を送るにあたって、血行の流れは極めて重要と言えるでしょう。なにしろ口から取り入れた食物による栄養分はすべて血液によって身体の細部にまで運ばれ、隅々の細胞までもがきちんと元気に機能する身体の基盤を整えていくわけです。逆にこれが滞ってしまうとどんどん血の流れが滞っていき、新陳代謝能力が落ち、何とも調子が出てこない、集中力が高まらない、やる気が出ないといった状態に陥り、ゆくゆくは精神的にも調子が高められずに参ってしまったり、風邪を引きやすい状態になったりしてしまうのです。

これらを打開するにあたって効果的な手段が入浴に他なりません。決して熱すぎず、そしてぬる過ぎることもないちょうど40度くらいの温度に15分程度ゆっくりと浸かることで全身の血液循環が改善され、一気に血行促進。身体の細部にも栄養分が行き渡る状態へと引き戻されます。またこの血行促進効果によって精神的にも心行くまでリラックスすることが可能となり、このリラックス効果が一日の悩みやストレスなどを綺麗に洗い流してくれて精神的にもくよくよせずに前向きな状態が維持できるようになります。

このような時、ついつい長めに浸かってしまったりもするものですが、そうすると身体にかえって疲れが生じてしまったりもするもの。やはりここは15分程度が適当と言えるでしょう。