腹式呼吸で副交感神経を上げる

 

 

人間の体のさまざまな活動は、体内の交感神経と副交感神経がバランスを取りながら調整されています。
簡単に言うと、交感神経は活動をつかさどる神経で、肺や心臓の働きとも関係しています。副交感神経は休息やリラックスをつかさどる神経で、内臓全般と関係しています。この二つが一定のバイオリズムで交互に優位になることで、全身の生理活動が適切に調整されているのですが、しかし実際には、交感神経が優位に偏りすぎて、それによって体調を崩している方が非常に多いです。
大きな原因は、やはり日常につきまとうさまざまなストレスです。ストレスを受けると、体は抵抗しようとして交感神経を活発化させるのです。そうした状態が慢性的に続くと、交感神経が静まるべきタイミングで静まらなくなり、その結果、気持ちが高ぶって夜に熟睡できないなどの症状が現れてきます。
こうした体調不良を改善するためには、停滞してしまった副交感神経を活性化させる必要があります。それには、腹式呼吸が効果的です。呼吸でお腹を動かすと内臓が刺激されます。前述のように副交感神経は内臓とつながっているため、内臓を意識的に動かすことで人為的に活性化させることができます。
椅子にゆったりと座り、呼吸が分かりやすいようにお腹に手をあてます。お腹を引っ込めながらゆっくりと息を吐いていきます。吐ききったら、今度はお腹を膨らませながらゆっくりと息を吸い込みます。やることはこれだけです。10回ほど繰り返してください。