自律神経が乱れる原因とは

 

自律神経とは人間の身体の心臓、血圧、排泄などの様々な機能に通じている神経で、意識のある、ないに関係なく常に働いていて正常に機能することで健康な身体状態を保つことができます。この神経には「交感神経」と「副交感神経」があり、この2つの神経はそれぞれ一方が働きを促しているときには、もう一方が働きを抑制するなどちょうど良いバランスをがとれるようになっています。しかしこの双方のバランスが乱れてしまう事で身体機能や精神面に色々な不調が起こり疾患を伴うことがります。この神経の乱れの原因とされるのは睡眠不足や食事の偏り、一定したリズムのない不規則な生活。人間関係や結果を要求される仕事などに見られる過剰なストレス。転職や引っ越しなどによる環境変化などが多く挙げられます。また女性ホルモンから大きく影響を受けやすく閉経期を迎える更年期と言われる世代にも重症化しやすいとされています。このような原因の一つ一つは日常生活をおくる上で珍しいものではなく誰もがその可能性がります。人それぞれのストレスの量やそれに対する性質も違うので、対処方法は異なりますが普段から原因とされるものをできるだけ最小限にとどめ予防に努めていく事が重要です。